• TOPページ
  • fukushimaさくらプロジェクトとは
  • 応援メッセージ
  • 応援メッセージ
  • ならぬことはならぬ
  • 参加企業一覧
道の駅川俣町 おりもの展示館への植樹
2016年4月20日(水)、道の駅川俣町 おりもの展示館(福島県川俣町)において、「はるか」の植樹式を開催いたしました。
 
川俣町は古くから絹織物の町として有名で、川俣町で織られた絹は「川俣シルク」として世界から認められる品質を誇っています。
今回、道の駅川俣町 おりもの展示館に、「はるか」の名付け親でもある綾瀬はるかさんがNHKテレビドラマ「八重の桜」で着用した「川俣シルク」の衣装が展示されることになり、そのご縁から「はるか」の植樹が実現しました。
 
地元議員や地元の小学生にも参加いただき、植樹を滞りなく実施しました。
 
 
<はるか植樹式 式次第>
日時 2016年4月20日(水)
場所 道の駅川俣町 おりもの展示館
 
1 開式
2 主催者祝辞
3 来賓祝辞
4 来賓紹介
5 記念植樹
              川俣町議会 議長 斎藤博美
              福島県議会 議員 佐藤金正
              福島県織物同業界 会長 斎藤康行
              川俣町農業振興公社 代表取締役 笠間英夫
              JAふくしま未来農業協同組合 総合支店長 大内雄一
              鶴沢地区自治会 会長 渡辺眞一
              川俣町立富田小学校 4年生
              桜プロジェクト株式会社 猪俣菜央
6 閉式