• TOPページ
  • fukushimaさくらプロジェクトとは
  • 応援メッセージ
  • 応援メッセージ
  • ならぬことはならぬ
  • 参加企業一覧
京都府庁旧本館中庭に植樹(京都府)
2015年2月25日(水)、
京都府庁旧本館の中庭に「はるか」が植樹されました。

今回植樹された場所は、京都守護職であった松平容保公が拠点とした場所であり、「容保桜」も含む6本の立派な桜が植えられています。

植樹式では、福島県から京都府に対して、これまでの多大なる復興支援へのお礼と共に、福島復興のシンボルである「はるか」の植樹が今後も続く京都と福島の絆の証となるようにという思いが述べられました。

京都府庁旧本館は一般に開放されており、春には観桜祭も行われます。
 
 
<はるか植樹式 式次第>
 
日時 2015年2月25日(水) 11:00〜
場所 京都府庁旧本館中庭
 
1. 主催者挨拶(志田 京都府総務部長)
2. 来賓社挨拶(景山 福島県大阪事務所長)
3. 記念植樹
4. 記念写真撮影