• TOPページ
  • fukushimaさくらプロジェクトとは
  • 応援メッセージ
  • 応援メッセージ
  • ならぬことはならぬ
  • 参加企業一覧
川崎尚之助の生誕の地「豊岡市出石(とよおかし いずし)」に植樹
2014年12月3日(水)、川崎尚之助の生誕の地「豊岡市出石(とよおかし いずし)」のシンボル「辰鼓楼(しんころう)」(時計台)の横に「はるか」を植樹しました。
 
今回の植樹は、『「八重の桜」と共に生まれた新しい桜「はるか」を、八重の夫である川崎尚之助の故郷にも是非植えたい。』という但馬國出石観光協会と豊岡市からの申し出を、会津若松市の室井市長より「fukushimaさくらプロジェクト」へとご案内頂いたことにより、実現しました。
 
青空と大きな時計台が小さな苗木を見守ってくれているような素敵な植樹式には、 中貝豊岡市長、但馬國出石観光協会理事長の他、多くの方にお集まり下さり、豊岡市と会津若松市ならびに福島県との末永い交流への想いが語られました。
 
今回の植樹を皮切りに、2015年から全国各地へと贈呈していく計画です。
 
 
<はるか植樹式 式次第>
 
日時 2014年12月3日(水) 10:30〜
場所 豊岡市出石町内町 「辰鼓楼」横
主催 但馬國出石観光協会
 
1. 開式 (趣旨説明、会津若松市長からのメッセージ)
2. 来賓挨拶
 (豊岡市長 中貝宗治、「fukushimaさくらプロジェクト」 岡 嘉紀)
3. 目録・苗木贈呈
4. 記念植樹
 (豊岡市長 中貝宗治、但馬國出石観光協会長、
 「fukushimaさくらプロジェクト」 岡 嘉紀 他)
5. 謝辞 (但馬國出石観光協会長)
6. 閉式