• TOPページ
  • fukushimaさくらプロジェクトとは
  • 応援メッセージ
  • 応援メッセージ
  • ならぬことはならぬ
  • 参加企業一覧
『「はるか」の成長と共に、福島との絆を強く』 (同志社大学)
2月26日、同志社大学(京都市)にて、「はるか」の植樹式を行いました。
 
今回の植樹は、同校の設立に深くかかわった山本覚馬、新島八重の物語が大河ドラマ「八重の桜」で描かれていた縁もあり、福島県より贈呈されたものです。
また、同志社大学への植樹は、福島県外における初の植樹であり、「はるか」を日本全国へと広める第一歩となります。
 
植樹には、同大学の水谷理事長ほか、ご来賓の皆様より、福島県から贈られた「はるか」が、同志社大学と福島県の末永い絆の証として育つようにとの思いが述べられました。
 また、同大学の学生代表からは、「今はまだ、同志社大学の学生と福島県との交流事業は、この「はるか」の苗木の様に小さいけれど、「はるか」の成長と共に大きくなって欲しい。」との意気込みが語られました。
 
植樹された「はるか」は、 同志社大学 クラーク記念館北 バスプール広場 でご覧頂けます。
 
 
<はるか植樹式 式次第>
 
日時 2014年2月26日(水) 14:00〜
場所 クラーク記念館北 バスプール広場
司式 理事長  水谷 誠
進行 法人事業部長  北 幸史
 
1. 黙祷
2. 聖書朗読ならびに祈祷 (理事長  水谷 誠)
3. 式辞 (総長  大谷  實)
4. ご来賓挨拶 (福島県知事  佐藤 雄平様)
5. 植樹
6. 感謝状贈呈 (総長  大谷  實)
7. 学生メッセージ (2012年度関西ふくしま 大学生交流事業 参加学生代表、2014年度同志社クローバー祭 実行スタッフ 統括リーダー)
8. 黙祷