• TOPページ
  • fukushimaさくらプロジェクトとは
  • 応援メッセージ
  • 植樹レポート
  • ならぬことはならぬ
  • 参加企業一覧

Q あなたにとっての「ならぬことはならぬ」は、何ですか?

前へ

004

内堀雅雄さん

福島県 副知事

『日に新たなり』

『毎日が新たな一日。昨日よりも今日、今日よりも明日、福島をもっと良くしていかなくてはいけない。そして同時に、自分自身も日々成長していかなくてはいけない。そんな自分への戒めの言葉として心に刻んでいます。』

この言葉は、中国の「殷王朝」の湯王という王様が、顔を洗う金だらいの底に刻印し、毎朝自分に言い聞かせていた言葉だそうで、会津藩校の「日新館」もこの言葉から由来しているとか。

『そうそう、新しい赤べこがあります!福島にきっと幸せがくる、そんな象徴なんです。』
とても嬉しそうにお見せ下さったのは、桜がついた通称「八重の桜べこ」。

リーダーとして前へ前へと進む力強さと、福島への愛情が満ちあふれている内堀副知事でした。

次へ

※「ならぬことはならぬ」
会津における教育の根幹を為したもので、八重を始め、当時の会津の人々は、
いつも心の中に守らなければならない約束事を秘め、どんな困難にあっても強く生きた

「ならぬことはならぬ」一覧